本気でデビューを目指す!声優養成所・専門学校完全ガイド

声優養成所・専門学校を決める前に読むサイト

第一位

インターナショナルメディア学院


在学中にデビュー可能。入所3ヶ月で声優デビューした人が多数!
現役ベテラン声優、堀川りょう学院長による直接指導が何度でも受けられる
若く急成長している事務所で、他プロダクションでは多い中堅層のタレントが少ないから、新人タレントが出演チャンスを掴める!

詳細はコチラ

第二位

日本ナレーション演技研究所


プロダクションと直結したマネージメント体制でデビューをサポート
具体的かつ現場に即した授業で、プロから実践的な技術を学べる
林原めぐみさんをはじめ有名声優を多数輩出


詳細はコチラ

第三位

東京アナウンス学院


プロデビューのためのバックアップ体制が充実。
多彩なオーディションがあり、学生のチャンスが多い
テレビ番組制作やレコーディングなども学べる


詳細はコチラ

HOME » 声優を目指すなら必見!養成所Q&A » 声優に向き不向きはある?

声優に向き不向きはある?

上京しないとなれない?声が大きくないとダメ?年齢が若くないとダメ?あがり症は声優になれない?歯並びは矯正すべき?視力が悪いのはNG?腹式呼吸ができないと入所はムリ?などなど、声優養成所に関する疑問はたくさんあると思います。こちらでは、そんな声優養成所に関するQ&Aをご紹介します。

向き不向きはある?声優に関するQ&A

Q.声優は上京しないとなれないの?

上京しなければ声優になる事は難しいです。なぜなら、声優になるための声優養成所のほとんどが都市にあるからです。

地方の声優養成所に通っていて、そこで声優の仕事がもらえても、仕事現場は都市部になるので、上京は必須となります。

Q.声が大きくないとダメ?

声優の仕事の基本はマイクなので、声優に必要なのは舞台のように大きい声ではなく良く通る声です。声がお腹から出せるようになれば、自然と聞き取りやすい通る聞になるので、多少声が小さくても大丈夫です。もちろん大きい声も出たほうがいいですが、重要なのは通る声です。

Q.声優を目指すには年齢が若くないとダメ?

声優養成所に入所したり、声優オーディションを受けるのには年齢制限があり、ほとんどの養成所が18歳~25歳くらいまでとしていますが、中には年齢制限のない養成所もあります。演技経験のある人がスカウトされて声優をするということもありますが、今まで演技をした事がない人が声優になるためには養成所に通うか、オーディションに受かる必要があります。
大学卒業し会社で仕事をしながら養成所に通って声優になった人や、バイトしながら声優になった人も多いです。声優を目指そうと思っているなら、早く行動に移しましょう。

Q.あがり症は声優になれない?

あがり症で声優になるのは難しいです。声がしどろもどろでは台詞をしっかり言う事ができません。人前に出たり、人前でたくさん話すことを経験すればあがり症は克服できるので、声優を目指す人は今のうちにあがり症を治しておきましょう。

Q.歯並びは矯正すべき?

顔が出ない声優に歯並びは関係ないと思われるかもしれませんが、あまりにも歯並びが悪い場合は直す必要があります。

声を出すときには口の中を息が通りますが、最後には歯を通り抜けて行きます。そのときに歯と歯の間に大きな隙間があると、空気が漏れ出してしまいノイズになってしまう事があるからです。

Q.視力が悪いのはNG?

アテレコをする時、マイクの位置と声あてする映像を写すモニターの位置が近いわけではないので視力が良いにこしたことはありませんが、そんなに気にするほどではないでしょう。

また、アテレコは一度始まると中断できませんが、急にコンタクトの調子が悪くなってアテレコが中断すると、またはじめから録り直しという事になるので、コンタクトの方はメガネを使うほうが良いでしょう。

Q.腹式呼吸ができないと入所はムリ?

声優を目指す人は、腹式呼吸をマスターする必要がありますが、養成所入所後の基本カリキュラムに発声と腹式呼吸が組み込まれているので入所前にはできなくても大丈夫です。

ほとんどの人は息を吸うと胸がふくらみ肩が上がる胸式呼吸をしていますが、この呼吸法では息が少ししか入らないため、長いセリフを言えず、声もお腹からでません。

声優の現場では、のどではなくお腹から声をだし、鼻で息を吸って、セリフを言いながら息を吐き出します。口で息継ぎすると、マイクが音を拾ってしまいノイズになったするからです。

 

おすすめ声優養成所・専門学校の一覧表

声優養成所の現場を調査~こんなところで活躍できます~

声優を目指すなら必見!養成所Q&A